電子書籍


ヱクリヲは以下の号を電子書籍でご購入頂けます。

総合批評誌『ヱクリヲ』 Vol.1  400円(電子版)

こちらからご購入いただけます
http://amzn.asia/i4QzN02
※紙面をそのまま電子化したものです

hyosi1

  1. レオス・カラックス特集
    • Interview:堀越謙三
    • レオス・カラックスによる『パラダイスアレイ』評(未邦訳論文)
    • 1983年のピンボール(谷口惇)
    • 『汚れた血』、あるいは「動かない」いくつかの疾走をめぐって(谷口惇)
    • 生の輝きーー『ポンヌフの恋人』ーー(沼本奈々)
    • ホワイト・ノイズからブラック・ノイズへーー崩壊する世界と自我の目覚めーー(佐久間義貴)
    • 『ホーリー・モーターズ』、演じるということ(鈴木知大)
    • ヌーヴェル・ヴァーグとカラックスーーあるいは「六〇年代」と「九〇年代」の距離(山下覚)
  2. 論考
    • 演劇の誕生(吉田髙尾)
    • 「今」を彩って生きるーー『Free!』終わらない物語ーー(高井くらら)
    • 『交響詩篇エウレカセブン』に関する実験的試論(福田正和)
    • 停止と移動ーー山田尚子『けいおん!』ーー(深澤匠)
    • 表現者『パンダ』の批評に挑戦す(中村直樹)
    • 純真(河野景子)

総合批評誌『ヱクリヲ』 Vol.3  SOLD OUT/kindle版のみ

◆電子版はこちらからご購入頂けます↓↓
http://amzn.asia/2zTzixw
※紙面をそのまま電子化したものです

hyosi3

 

 

 

 

 

 

 

  1. 特集 テン年代小説
    • 特別企画 青木淳悟インタビュー
    • かなり長めのインタビュー後記、あるいは「書かれなかった青木淳悟論」のために(谷口惇)
    • MF式『匿名芸術家』論(福田正知)
    • 「経験」と「体験」のはざまで――滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(谷口惇)
    • 若さと女という残酷物語――藤野可織『爪と目』(なかむらなおき)
    • 朝吹真理子論 肌・人称・時間(横山祐)
    • 『アルタッドに捧ぐ』をめぐる架空の対話(谷口惇)
    • 前田司郎の小説に見る、自分の人生の失敗(吉田髙尾)
    • 現実と理想の二人三脚――又吉直樹『火花』(なかむらなおき)
  2. 小特集 D・W・グリフィスに出逢うよろこび
    • 「映画」の誕生、あるいは「物語」と逸脱する「運動」(山下覚)
    • D・W・グリフィス『死のマラソン』における三つの発明(谷口惇)
    • グリフィスと演劇の関係性について(吉田髙尾)
    • D・W・グリフィス作品リスト
  3. 批評
    • 伊達じゃないぜ愛の力は!『うたの☆プリンスさまっ♪』主題歌から考える恋愛文化(高井くらら)
    • 「人間」としての限界、「生物」、「存在」としての可能性――ゴリラを批評する(なかむらなおき)
    • 連載企画 ジャン=リュック・ゴダール論 (谷口惇)
  4. レポート、エトセトラ
    • 天使もえマジ天使――男として生まれ蔑まれ…そして救われ(吉田髙尾)
    • なお散歩――ドラマ『アオイホノオ』エキストラ体験記(なかむらなおき