Interview:横山博「アメリカ実験音楽を「古楽化」し、刷新する。鍵盤奏者、横山博のヒストリカルアプローチ」

 古楽をバックグラウンドに持ちながら、アメリカ実験音楽のピアノ演奏の刷新に挑戦し、聴衆に大きなインパクトを与えた横山博。70分以上の大曲にしてモートン・フェルドマン後期の傑作《バニータ・マーカスのために》の実演と、ジョン…

Interview:ウィリアム・ブリテル「ニュー・アムステルダムの中心人物が語る、新作『Spiritual America』とジャンル流動性(Genre FLuidity)」

聞き手・構成・翻訳/大西常雨 2019年6月10日 Skypeにて 創造的な音楽の中心として、知る人ぞ知る存在のニューアムステルダム・レコード。今年になって名門の老舗レーベル、ノンサッチと3作品を共同リリースすることが発…