川上未映子『ヘヴン』書評

著者にとって初めての長編小説となる『ヘヴン』は、小説というジャンルの持つ特質に対する強い意識を持った作品であると言えるだろう。斜視である中学生の主人公「僕」は、二ノ宮や百瀬といった級友からいじめを受ける日々を送っているが…

問題を提起する問題作

 どこがパンクなのだろう。白井智之著の「人間の顔は食べづらい」を読んですぐ、ふとそんなことを考えてしまう。  20XX年12月31日の日本、謎のウイルスによって動物の肉は食べなくなった。動物の肉の代わりにクローン人間を食…