ジブリ映画をめぐる個人的覚書

私は『千と千尋の神隠し』を少なくとも十五回は見ているが、見るたびにどうしても涙を堪えられない場面がある。それは、映画が始まって1時間45分頃、千尋とカオナシが湯屋を離れ、ゼニーバの住む家へと電車で移動する場面だ。この場面…